どこ行こっかな? 早く飲みたいなぁ!
最新のテク
#011 露出って なんじゃらほい
 露出、露出 って写真雑誌や講評で呪文みたいによくお見かけする言葉。
言葉からして 舌をかみそうなものだけれど、いったいこの「露出」って何者?
 せっかく写真に講評を頂いても 外国語を聞いているみたいで???が多いのよね。
 まずは言葉から理解しないと 先へすすめなぁい!!

では ここで師匠登場・・・

 まず露出という言葉から理解する必要があります。長文になるので覚悟して読んでください。
 露出というのは、レンズを通してカメラに入ってくる光の量のことです。目に見えるすべてのものは、必ず何らかの光を反射しています。自らが光っているものもあります。これらはすべて、その光の強さと波長によって明るさ(明度)と色彩(彩度)が判断されるわけです。ですから、カメラでその明度と彩度をフィルム(デジカメの場合はCCD)に定着させるためには、被写体が発する光を必要、かつ、十分なだけ取り入れてやらなければなりません。取り入れ方が少なすぎると暗い画像になってしまうし、取り入れすぎると明るい画像になってしまいます。単に明るい、暗いというだけではなく、色も現実の色ではない発色になってしまうのです。

 そこで、カメラとフィルムはこの取り入れる光の量を加減する機能を備えていなければならないということになるわけですが、それを3つの機能の組み合わせで行なっています。1つは感度(ISO感度)、2つ目は絞り、最後がシャッター速度です。

 まず、絞りとシャッター速度から説明しましょう。
 絞りというのは、撮影する瞬間にレンズに光を取り入れるための穴の大きさのことです。カメラの中にはフィルムが入っていますから、勝手に感光してしまわないように普段はこの穴は閉じていますが、シャッターを切ると、その瞬間だけその穴が開きます。この穴の大きさを変えることによって、光の量を調整するわけです。
 一般的に、この絞りの大きさはFという記号で表します。F1.4→2→2.8→4→5.6→8→11→16→22→32→45→64と、Fの次の数字が大きくなるほど、穴の大きさは小さくなります。→で示した段階を1つ進むごとに「1段」という言い方で露出の変化を表わします。

 この数字、変な数字だと思いませんか。1→2→3→4→5と規則的に変化すればいいのに、どうしてこんな数字になっているのでしょう。それは、穴の大きさ(面積)は穴の半径の二乗に比例しているからなんですね。それを逆にして、平方根で表示したのがこの奇妙な数字の並び方になっているというわけです。1.4というのはルート2のことです。その倍がルート2の二乗ですから2、4倍はルート2の三乗ですから2.8という具合です。ということは、F1.4とF2を比較すると、穴の大きさはちょうど半分になっていることになります。

 次がシャッター速度です。これは簡単ですね。シャッター速度が半分になれば、それだけ長い間穴が開いた状態になるわけですから、カメラに入ってくる光の量は単純に倍になる勘定です。今は電子シャッターというシロモノが主流なので、このシャッタースピードはどんな速度にも対応できますが、昔のカメラは歯車とバネの組み合わせだけでこれを制御していたので、その当時の速度表示である1秒→1/2→1/4→1/8→1/16→1/30(1/32ではない)→1/60→1/125(1/120ではない)→1/250→1/500という数字が今でも使われています。それぞれ1つ進むごとにシャッタースピードは倍になります。→1つが「1段」の露出変化です。

 さて、普通はこの、絞りとシャッター速度という2つの組み合わせで露出を調整します。ある風景をカメラの露出計で計測したときに、たとえば絞りがF5.6、シャッター速度が1/60秒であったとしましょう。このときに絞りだけをF8に変えたとすると、穴の大きさが半分になったわけですから、こういうときは、「露出を1段切り詰めた」ことになります。逆の場合は、「露出を1段開けた」というわけです。

 露出は絞りとシャッター速度の組み合わせだと言いました。ということは、「絞りF4、シャッター速度1/30」と、「絞りF2.8、シャッター速度1/60」の露出は同じですね。穴の大きさ(絞り)は倍になったけれども、シャッター速度は半分になっていますから、カメラが捉える光の量は同じです。
 組み合わせを変化させるときに、絞りの方を固定してシャッター速度だけを変化させる方法を「絞り優先AE(AEというのは自動露出制御のこと)」と言います。記号では「A」で表示します。
 逆に、シャッター速度を固定して絞りだけを変化させる方法を「シャッター優先AE」というわけです(記号はT)。
 オートAE(プログラムオートともいう、記号はP)という機能がほとんどのカメラについていますが、これは絞りとシャッター速度の組み合わせをカメラ任せにする方法で、いわゆる「押すだけ」撮影がこれに当たります。

 絞りが変化しようが、シャッター速度が変化しようが、両者の組み合わせである露出が同じであるのならばカメラ任せでいいじゃないか、と思いがちですが、絞りの数値は被写界深度(手前から奥まで、どのくらいの奥行きにピントが合うかの範囲のこと)に大きく影響を与えますし、シャッター速度は動いているものを止めて写すときには重要なカギを握るものですから、全部カメラ任せというわけにはいきません。なので、絞り優先、シャッター優先という機能が必要になるわけです。

 ISO感度については#010参照のこと。

(お散歩デジカメ 秋雨 2003/10/14 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-27 00:18 | 絞り、シャッタースピード
#010 ISOってなに?
 画像の横にISOって書いてあるでしょ?
イソオ と読むらしいけれども、あれって一体なんなんでしょう。
あの数字っていったいなんなんでしょう?果たして 敵の正体は・・・

では ここで師匠登場・・・

ISO感度について述べます。
 フィルムというのは、フィルム面に感光物質が塗ってあって、これが光を受けると化学変化を起こして感光するという仕組みになっています。このときに、塗ってある感光物質の分量が半分になれば、半分の光の量で感光しますから、感度が高いということになりますね。しかし、感光物質の量が少ないわけですから、それだけ粒子が粗いということでもあります。この感度の強弱を表示したのがISO感度なのです。ISO50→100→200→400→800→1600と、数字が倍になるごとに感光物質の量が半分になり、感度が高くなります。デジカメの場合は、感度が高くなるにしたがって、受光部にあるCCDの働く数が減っていきます。それだけ粒子の粗い画像になりますが、感度が高いわけですから、暗いところでも早いシャッター速度が得られるということになります。

(お散歩デジカメ 秋雨 2003/10/14 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-27 00:12 | ISO
#009 まだまだ夕日
ホワイトバランスを晴天か曇天っていうのは わかった。
晴れてる日が晴天で 曇りの日が曇天 にすれば 赤が弱まらないということかしら?
あと R(レッド=赤) B(ブルー=青)も +にしたり-にしたりできるみたいじゃない?
これって+にすると真っ赤や真っ青になってしまうのかしら?
あ~~わからないことがたくさんあるぅ。

では ここで師匠登場・・・

詳細は2004/01/08 日暮れ時をご覧ください。


撮影データ

カメラ
Camedia C4100
撮影日 2004/01/08
ISO: 100
F値 :F8.0
SS : 1/1320
露出補正値 -0.7
WB:曇天
R(+),B(-)
絞り優先AE
コントラスト0
彩度+5


 今日の風は大陸から黄砂を運んできたらしく、昼間から地平線が色づいていた。こういう日の夕焼けは、雲さえ出なければ最高の色合いになる。経験上それが分かっていたので、夕方の撮影ポイントは決めてあった。
 晴天だがホワイトバランスは「曇天」に合わせてある。さらに、ホワイトバランス補正で赤を1目盛強く、青を1目盛弱くした。これによって、夕焼けの色が見た目以上に鮮やかさを増す。けっこう使えるワザなので憶えておくと便利だ。

(お散歩デジカメ "日暮れ時" 2004/01/08 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-24 22:35 | 夕景・夜景
#008 ホワイトバランス(WB)
夕焼けを赤く撮るには晴天か曇天にホワイトバランスを設定すればいいのね。
っていうことは赤いものを赤くとりたい時は晴天か曇天にすれば まっ赤なトマトだって簡単に撮れちゃうのね!
うん? 何か違うかな?

では ここで師匠登場・・・
ちごど。ホワイトバランスをオートにしっおっと、カメラは(メーカーの担当者の嗜好に合った)自然な色にできるだけ近づけようとすっとじゃが。
じゃっで、夕焼けのごっ、そのままでは赤被いすっときは、赤くならんごっ勝手に補正しやっと。ちゅーこっは、晴天にしっおけば、赤味が増すのではなく、赤味が減っとを抑制すっわけごわんど。

私が今日撮った「新宿御苑から都庁」もなんだか枯芝みたいにうつっているのは,ホワイトバランスをオートにしてあったせいなのかしら。
撮った時間は何時やったと?
夕方なら色温度が低くなっちょっで、赤くなっとじゃが、昼間じゃったら、そりゃカメラの癖やがね。

てことは,ホワイトバランスを曇天にすれば 緑の芝生の色が出てきたのでしょうか?
ちごど。特に意図的に色合いをいじりたいとき以外は、WBはオートで良かと。ただ、カメラの発色の癖ちゅうもんがあっで、ホワイトバランスのマニュアル補正で、緑色を基本にして、緑が一番良くでるように、設定しておけばよかわけ。
普通は、赤(R)をほんの少し抑制、青(B)をわずかに強調、ぐらいじゃね。あとは、どうしても気に入らんようなら、レタッチでレベル調整すっわけじゃが、そんときも、緑を中心にすれば大体OKになる。
---------------------------------
補正は、赤いトマトの赤だけを強調したり青い海の青だけを強調することはできません。
画面全体が赤っぽく、または青っぽくなると理解すればいいでしょう。
原色を強調したいときは彩度を上げるほうが効果的です。
ただし、やりすぎはダメ。

(お散歩ネット会員用MLより抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-22 15:35 | 設定
#007 夕焼け丸秘テク
同じ設定にしてもなかなか いい夕焼けはとれないよね。きっと何かまだ隠されたテクがあるに違いない・・・

では ここで師匠登場・・・
綺麗に撮りたいと一心に念じることやね。
または、もしかして、
彩度を上げる
露出をアンダー目にする
コントラストを上げる
構図の中に真っ黒に潰れる部分を入れる
などを試さはったらはどない?

一番大切なんは、綺麗な夕焼けに遭遇することでんな。

(お散歩ネット会員用MLより抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-22 15:16 | 夕景・夜景
#006 夕日を撮る
これから寒くなっていくと、どんどん空気が乾いて 澄み渡る。
そう! 夕日を撮りたい!
でも綺麗な色が出ないし、手間にごちゃごちゃあるものがとても邪魔。
オレンジ色になって ごちゃごちゃをなんとかする写真って どうやるのかしら?

では ここで師匠登場・・・

詳細は2004/01/28 幸魂大橋の夕陽をご覧ください。


撮影データ

カメラ
Camedia C4100
撮影日 2004/01/28
ISO: 100
F値 :F5.6
SS : 1/1000
露出補正値 -2.0
WB:曇天
R(+),B(-)
絞り優先AE
コントラスト+2
彩度+5



普通に撮ったのでは太陽の周辺は真っ白になってしまう。そこで、補正を最大の-2までかけている。
 晴れているけれどもホワイトバランスは曇天。そうしないと、夕陽の赤はカメラに勝手に補正されてしまい、うんと地味な色にされてしまう。晴天、または曇天でちょうどいい色になる。

(お散歩デジカメ 2003/01/28 幸魂大橋の夕陽 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-21 20:42 | 夕景・夜景
#005 選択眼を養う
さてと。写真を撮って、PCにおとしてジロジロと写真を見てて、似たようなのが何枚かあったとき どうやって1枚に絞ってる?
blogに載せる写真をどれにしようかなぁって迷うことがよくあるのよね。
私は同一ページに5枚見えるようにblogを設定しているから、なるべく5枚が違った雰囲気になるように選んでるけど、何か違うような気もする・・・

では ここで師匠登場・・・

今日のこの3枚の中から、どうしても1枚に絞りなさい、と言われたらどれを選びますか?
そして、ようやく選んだ1枚と、落とされた2枚をよく見て考える。どうしてこれがいいと思ったのか、どうしてこの2枚を外す気になったのか・・・。
これを毎日やると、1週間ぐらいで選択眼が芽生えてくる。

2003.10.31

たとえば、100枚の写真を撮影したとします。
その中から、ざっと見て10枚が「うん、よくできた!」と合格点をもらえたとしても、それでは写真を選択したことにはなりません。
その10枚の合格写真の中から、さらに3枚、2枚、1枚と絞っていく過程がとても大切なのです。この段階になってはじめて、「どこが良くてどこが悪いか」「なぜこの写真はダメなのか」を考えるようになります。それが次の撮影に生きるのです。



なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-20 19:41 | 心構え
プロカメラマンKIT師匠がMMで公開した撮影秘蔵テクを掲載!!!!!(編集:hana)
by techkit
カテゴリ
全体
心構え
構図
室内
夕景・夜景
設定
レフ板
絞り、シャッタースピード
露出
ISO
ホワイトバランス(WB)
測光
紅葉

ブレ

未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧