どこ行こっかな? 早く飲みたいなぁ!
最新のテク
#018 とりあえず撮ってみたい
今年は紅葉初挑戦!
なんといってもカメラを手に入れたのが10月だったから、紅葉の時期はおたおたしているうちに終わっちゃったのよね。今年は 「よっしゃ!」と思える1枚を撮りたいなぁ。
でね、なるべくリスク少なく これなら撮れちゃうかもよ!っていうワザがあったら こっそりひっそり教えて欲しいんだけど。

では ここで師匠登場・・・

詳細は錦織りなす 2003/11/13 をご覧ください。

逆光の透過光という、紅葉の撮影にはお誂え向きの光線状態。コントラストを上げ、彩度を最高にする。露出補正は大幅プラス(ボクのカメディアはもともとかなり明るい描写をするので、通常は-0.7補正にしている。したがって、+0.3はボクにとっては「大幅」なのだ)。ただし、プラス幅は一概には言えないので、ずらしながら何枚か撮っておく。これだけを守れば、こういう写真はお茶の子で撮れる。簡単なもんだ。
 ボクのカメディアはホワイトバランス補正機能がついているので、赤を強めにしている。多少の赤被りを承知で撮るわけだ。まだ紅葉していない緑色の葉の色に注目していただければ分かるが、いつものボクの緑色に比べるとずいぶん発色が偏っていると思う。それでも、紅葉している木なので、それほど違和感は感じない。替わりに、実際は茶色の葉がかなり赤く写ってくれる。
 ホワイトバランス補正ができないカメラで撮るなら、単にオートのままで撮っておいて、後でレタッチすればいい。赤を多少強めにして、その分、青を幾分落としてやると、赤と黄色の発色が際立つ。緑色をそのインジケーターにして、緑色があまり不自然にならない程度で止めるのがコツだ。。

(お散歩デジカメ 錦織りなす 2003/11/13 より抜粋)



なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。
[PR]
# by techkit | 2004-11-17 22:05 | 紅葉
#017 平均測光vsスポット測光
平均測光とかスポット測光とかあるけれど、測光方式を変えて写すとどんな風に違いがでるのかしら。こういうときはスポットがいいよん!っていうものを見たら 具体的なイメージがわくかも。。。なんてね。

では ここで師匠登場・・・

詳細は真白き富士の峰 2003/12/10 をご覧ください。



写真を見ていただければ分かるように、画面の半分以上の面積を黒が占めている。こういうとき、カメラは画面が暗いと判断して明るく写してやろうとおせっかいを焼くので、カメラ任せだと肝心の富士山はすっ飛んでしまい、写ってくれなくてもいい手前のモニュメントがはっきり写ってしまう。
 で、こういうときは大幅なマイナス補正をかけてやる。ただし、測光方式が平均測光の場合だけだということを忘れないように。スポット測光に設定してあるときは、画面の真ん中の測光ゾーンを富士山に重ねてシャッターを半押しすれば、補正なし、あるいは半段程度のマイナス補正で十分。

(お散歩デジカメ 真白き富士の峰 2003/12/10 より抜粋)


追加・・・
 スポット測光の場合でも、画面中央の測光エリアマークはけっこう広いので、その中に明暗差のあるものが混在している場合は、ある程度補正してやらないといけませんよ。画面全体の平均測光をスポットエリア内の平均測光に範囲縮小しているだけだと理解してください。ほとんどの場合はそのままでOKですけど、時々失敗もあります。。

(お散歩デジカメ 孫じゃない 2003/12/13 より抜粋)



なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-11-14 03:42 | 測光
#016 撮影マナー
どこでもここでも ガンガン入って撮影するアマチュアカメラマンが多いそうだけど、そういうのって悲しいよね。

では ここで師匠登場・・・

詳細は森の貴婦人 2003/07/31をご覧ください。



こういうところで撮影していていつも寂しい想いをするのは、アマチュアカメラマンたちのマナーの悪さだ。ここは公園だが、ヤマユリは純粋な野生種で、わざわざ植えたものではなく自生しているもの。踏み荒らされるといけないので、山道の両側にはロープが張ってあって、立ち入ってはいけないことになっている。にもかかわらず、あちこちに踏み入った跡があった。実際に踏み込んで三脚を立てていたカメラマンがいたので怒鳴りつけてやった。一昨日の深谷でも、花壇の中に子どもを立たせて写真をとっていた夫婦がいたので怒鳴りつけたのだが、日本人が時代と共に悪くなってきているようで悲しい。親が率先して子どもにマナー違反をやらせる国は日本だけだぞ!

(お散歩デジカメ 森の貴婦人 2003/07/31 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-11-07 18:32 | 心構え
#015 構図の引き算
構図は引き算が基本 ってよく言うけれど、どれを引いたらいいのかよくわからない。
自分が一番主張したいものに目がいくように って 一体どうしたらいいのかしら?


では ここで師匠登場・・・

詳細は暖かな陽射し 2003/12/04 をご覧ください。


風景の切り取り方で写真の印象が変わるという点を具体的に示してみよう。

 小さい画像なのでちょっと分かりにくいかも知れないが、この風景の中で目につくものと言えば、「茶色く紅葉したメタセコイア」「青空を映す湖面」「初冬の陽射し」「黒く伸びた影」「青空」「ベンチ」「ベンチに座った一人の老人」といったものだが、それを総花的に写すとこういう写真になる。綺麗だが、ただそれだけの写真でポイントがない。いろいろな部品を詰め込んだだけで、主役が見つからないのだ。

 そこで、3歩ほど前に出て、さらに1歩右に寄った。メタセコイアとベンチの老人の位置関係を自分が動くことで調整し、老人を写真の主役にする意図で撮ったのが今日の1枚。初冬の暖かな陽射しを背に受けて、のんびりと日向ぼっこをする老人に、否が応でも眼が引き寄せられるはずだ。

(お散歩デジカメ 暖かな陽射し 2003/12/04 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-11-06 13:51 | 構図
#014 ホワイトバランス(WB) 色々
ホワイトバランスの設定項目を見ると なんだかごちゃごちゃとたくさん書いてあるけれど、これはそのときの明かりが何を使っているか で分かれているものなのかしら?


では ここで師匠登場・・・

詳細は夜の霧 2003/11/03をご覧ください。

 掲載した画像はホワイトバランスを「電球」にセットしたもの。以前、昼間にこの設定で撮った写真を掲載したことがあるが、他の色被りはけっこうあざとい感じになるのに対して、この青被りは意図的に使える。寒さや冷酷さ、厳しさといった印象を強調するにはいい。雪景色などに使えそうだ。


 デジカメでは、今日の1枚のように、ホワイトバランスを「電球(白熱電球)」にセットしておけば、同じ効果を得られます。ちなみに、他の設定でもいろんな色被りが出ますので、いろいろなシチュエーションで試し撮りをしてみて、色被りのパターンを憶えておくと使えるワザになりますよ。


 昨夜ボクが撮ったものを参考に載せておきます。ホワイトバランス設定が上から順に、「オート」「晴天」「昼白色蛍光灯」「冷白色蛍光灯」「白色電球」になっています。



(お散歩デジカメ 夜の霧 2003/11/03 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。
[PR]
# by techkit | 2004-10-31 18:29 | ホワイトバランス(WB)
#013 頑張らなきゃ!
 秋になると 空は綺麗だし、紅葉は始まるし・・・
と思っていたら 台風だ、秋雨前線だ なんだで全然天気に恵まれません。
撮りに行きたいのに行かれないし、はぁぁ 頑張って撮らなくちゃ!!

では ここで師匠登場・・・

写真などというものは、精一杯頑張ってやるもんじゃありません。自分のペースで楽しく、というのが上達の一番の早道ですよ。

(お散歩デジカメ 煙いよ 2003/11/09 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-30 15:15 | 心構え
#012 記憶色
 赤を強くすると 赤っぽい夕焼けになるけれど あのロマンティ~~ックな青紫がかった夕空でも赤く「夕焼け小焼け♪♪」みたいな色になってしまうんですよね。
 本物の夕焼けの色って・・・どんなだったか こうして考えてみるとなかなか思い出せないですねぇ。

では ここで師匠登場・・・

詳細は2003/10/30 夕暮れをご覧ください。
撮影データ
カメラ:
Olypus
C4100Z
撮影日:
2003/10/30
ISO:100
F値 :F5.6
SS : 1/120
露出補正値:
-1.0
WB:曇天
R(-),B(+)
絞り優先AE
コントラスト:
+4
彩度+:5


 昨日の写真はホワイトバランス補正の赤をプラスにしたものだったので、今日は逆に赤味を減らして青味を上げた写真を撮った。ご覧のような、紫色の夕焼けになる。
 自然界でボクらが目にする色というのは、いったん記憶の中に仕舞いこまれると、実際に見た色とはずいぶん違うものになると言われている。「記憶色」というのだそうだ。夕焼けの色なんかその最たるもので、昨日のようなオレンジの夕焼けでも、今日のパープルの夕焼けでも、それほど違和感は感じない。記憶の中にある色に近いからだ。
 ただ、その記憶の中にある色は、必ずなんらかの感情と結びついて頭の中に仕舞いこまれている。したがって、絵にするときの意図の一部に、色の概念も含めておくのは大切なことだ。ボクの場合、こういう紫色の夕焼けを見ると悲しい気分にさせられる。昨日みたいなオレンジ色だと、明日に対する希望が湧いてくる。。

(お散歩デジカメ "夕暮れ 2003/10/30 より抜粋)


なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。

[PR]
# by techkit | 2004-10-27 23:16 | 夕景・夜景
プロカメラマンKIT師匠がMMで公開した撮影秘蔵テクを掲載!!!!!(編集:hana)
by techkit
カテゴリ
全体
心構え
構図
室内
夕景・夜景
設定
レフ板
絞り、シャッタースピード
露出
ISO
ホワイトバランス(WB)
測光
紅葉

ブレ

未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧