どこ行こっかな? 早く飲みたいなぁ!
最新のテク #024 カメラを置けない・・・ >>
#025 輝度差をつける(福寿草)
昭和記念公園でもそろそろ福寿草の花が咲き始めたみたい。
ウッドチップというかわらというか なんだかそんなところに咲いているからごちゃごちゃした画面になりがち。
福寿草だけ うわっ と光り輝くように飛び出して撮る方法ってどうやるのかしら?

では ここで師匠登場・・・

詳細は福寿草 2004/02/09をご覧ください。



  福寿草の写真は難しい。地面からニョキと花だけが顔を出す植物なので、どうしても背景が地面になるからだ。その地面には枯葉や枯れ枝が堆積していてごちゃごちゃしている。花と地面との距離も短いから、ぼかすにしても限度がある。
 こういうときは地面を黒く潰してしまえばいい。そのためには、花と地面との輝度差(露出差)を大きくしてやる必要があるので、「花の撮影は曇り」の逆を行く。直射日光が当たるお天気のいい日に撮るわけだ。
 その際、わざと花があるところを日陰にしてやる。このときは鬼嫁が一緒だったので、三拝四礼して手伝ってもらった。陽を遮る位置にしゃがんでもらっている。
 それだけだと露出差が不足するので、手を伸ばして花の反対側から手鏡で花の部分だけを照らしてもらった。反射率が大きい黄色に陽が当たっている状態だから、その部分に露出を合わせると陰になった地面は黒く潰れるという仕組みだ。

 お手伝いを長時間やってもらうと後が怖いので、5枚だけ撮って終了。参考写真はうまく行かなかった例。やっぱり地面がうるさい。


(お散歩デジカメ 福寿草 2004/02/09 より抜粋)



なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。
[PR]
by techkit | 2005-01-11 15:19 |
#024 カメラを置けない・・・ >>
プロカメラマンKIT師匠がMMで公開した撮影秘蔵テクを掲載!!!!!(編集:hana)
by techkit
カテゴリ
全体
心構え
構図
室内
夕景・夜景
設定
レフ板
絞り、シャッタースピード
露出
ISO
ホワイトバランス(WB)
測光
紅葉

ブレ

未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧