どこ行こっかな? 早く飲みたいなぁ!
<< #021 雪を撮ろう 最新のテク #019 背景が黒い時は・・・ >>
#020 イチョウの黄色
さてと、東京も昭和記念公園のイチョウは終わってしまったみたいだけど、神宮外苑のイチョウがそろそろ見ごろ☆
イチョウのあの金色かと見紛うばかりの、"黄色” を綺麗に写したいのだけどやっぱりここはプラス補正っていう あれかしら?

では ここで師匠登場・・・

詳細は木陰 2004/11/09をご覧ください。



大急ぎで総合運動公園の紅葉を撮ってきた。イチョウの黄色が眩しい。
 この画像だけで判断すると、画面のほぼ7割が反射率の高い黄色だし、その黄色の部分から逆光気味の光が射し込んでいるので、露出補正は当然プラスでなくてはならない。カメラの露出計が「この画面は明るい」と判断して暗めに露出を決めてくれるので、そのままでは下の人物が写っている部分が暗くなりすぎるからだ。
 しかし、データでは通常設定の-2/3になっている。それは、シャッターを半押しした時点、すなわち、露出を決定したときの構図はベンチに座っている人物が画面のど真ん中、合焦スポットのところにあったので、その構図では全体的にニュートラルな明るさの画面だったからである。そこでシャッターを半押ししているから、カメラが決めた露出はちゃんと人物のところに合っているわけだ。シャッターを切る時点で、半押しのまま構図を変えている。この写真のままの構図で最初から露出を決めるのであれば、補正値は-1/3かゼロであろう。

(お散歩デジカメ 木陰 2004/11/09 より抜粋)



なお 師匠の文章及び写真の著作権はKIT師匠所有のものですので、転載・二次利用の際は必ず事前にこちらのコメント欄にてご相談ください。





うううう・・・
   貴殿の「へったくっそぉぉぉぉ~~~」 という撥音の入ったお言葉が聞こえてくる。。。
精進いたしますでするぅ。
[PR]
by techkit | 2004-12-02 01:13 | 紅葉
<< #021 雪を撮ろう #019 背景が黒い時は・・・ >>
プロカメラマンKIT師匠がMMで公開した撮影秘蔵テクを掲載!!!!!(編集:hana)
by techkit
カテゴリ
全体
心構え
構図
室内
夕景・夜景
設定
レフ板
絞り、シャッタースピード
露出
ISO
ホワイトバランス(WB)
測光
紅葉

ブレ

未分類
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧